大学1年生の間にやるべきこと|僕みたいに後悔しないで!

student大学生活
スポンサーリンク

大学生になったみなさん、なんとなくで大学生活を送っていて焦っている人はいませんか?

また、1年生になったばかりで何をすればいいのかわかんない人もいると思います。

今回はそんな悩みを解決していくために1年生の間にやるべきことを紹介していきます。

こんな人に読んでほしい!

  1. 漠然としていて焦りを感じている大学生
  2. 1年生になったばかりの大学生

大学1年生の時にやるべきこと

大学生A
大学生A

大学生活が漠然としていて少し焦りがでてきた…

大学生B
大学生B

今回はそんな悩みを解決するために大学1年生からやっておくべきことを紹介していくよ!

大学1年生の間にやっておいた方がいいこと、やるべきことはたくさんあります。

しかし、僕は分かっていてもほとんど何もしていませんでした。そして就活が始まった今、当時の僕を恨んでいます笑

そんな僕みたいにならないように、僕が「やっておけばよかったな…失敗したな…」と思ったことを紹介していきます。僕みたいな敗北者にならないようにしましょう!

サークルで人脈作り

circle-activity

まずは大学生は何と言っても人脈です。人脈があれば、時間がたくさんある大学生なら友達と旅行にいけますし、休んだ講義のレジュメを貰ったり代返を頼んだりもできます。

さらに、人脈は新しい人脈を作ります。そこからまた新しい出会いがあれば、新しい経験を積むこともできます。

色々な人の考えや趣味を共にすることで自分自身の成長にも繋がることができます。僕は最低限の人脈しか作っていませんでした。

人脈がないわけではないので単位を取ることに苦労することはありませんし、遊びに行かないわけでもありません。

しかし、最低限だなと感じることは多々あります。大学生らしいサークルで飲み会とかみんなで旅行みたいなことはしませんでした。

人脈が少ないので、新しい発見や気付きもありません。その発見や気付きがない分、つまらない人間になってしまいます。

人脈を作れとは言いませんが、自分の殻に閉じこもってしまうと1つの物事が1つの視点からしか見えなくなってしまいます。

人脈があれば、10の視点、100の視点で見ることができて、新しい自分にも気付けるかもしれませんよ。

アルバイト

part-time-job

言われなくてもアルバイトはすると思いますが、僕は興味のある事・楽しいと思える事ができるアルバイトをおすすめしたいです。

例えば、ファッションが好きならアパレル関係のアルバイト、ラーメンが好きならラーメン屋のアルバイトというように自分が苦にならないアルバイトをしてほしいです。

理由は簡単です。自分から進んでアルバイトができれば新しい発見ができるかもしれません。

嫌々アルバイトをしていても「早く終わらないかな、早く帰りたいな」としか思いません。

また、効率を求めて仕事をする事も学んでください。効率を上げることはこれから社会人となるうえでもとても大切な能力になります。

関連記事>>【語ります】バイトをしたくない大学生へ。僕の実体験を話します。

取りたい資格を決める・勉強する

qualification

もし何かに挑戦しようとか、何か形に残ることがしたいけど何をしたらいいか分からないという大学生がいたら資格を取ってみましょう。

どこの企業でも評価されやすい日商簿記検定やTOEICを取るのでもいいですし、自分の好きなものを活かす紅茶検定やきのこ検定などでもいいですね。

変わった資格を持っていたら興味を持ってもらえるかもしれません。

取りたい資格を決めたら次は行動に移していきましょう。勉強をしないと資格は取れません。

簡単な物だと1ヶ月空いた時間に勉強するだけで取れるものもありますし、半年〜1年間勉強しないといけないものもあります。

もちろん、高度な資格であればあるほど評価はされやすいですし、自分に自信を持つ事もできます。

これが3年生から取ろうとすると忙しいのと時期的に就活に間に合うかも怪しくなります。

しかし、大学1年生のうちに取ろうとすれば時間もありますし余裕もできます。ぜひ大学1年生のうちから高度資格を目指してみませんか!

なんとなく就きたい職種を考える

occupation

講義をしていく中でやりたいことが見つかったり、大学生になって視野が広がってやりたいことが見つかったりする人もいると思います。

無理に考えろとは言いませんが、なんとくでもやりたいことを見つけておくのをおすすめします。

なんとなくでも見つけておくとその業界について他の人よりも先に知ることができますし、その分差をつけることができます。

1年生のうちから就活の意識を持つのは先が思いやられるかもしれませんが、本当に少しだけでもいいので就活の意識をしてみてください。

関連記事>>就活日記①|現役大学生が就活について本気で考えてみる

免許を取っておく

license

高校生の時に免許を取っていない人は大学1年生の間に取っておくことをおすすめします。

就職するまでに取っておいてと言う会社もありますし、バイト先に行く時や遊びに行く時に車があると便利なので早いうちに取っておいて損はありません。

大学生で免許を取る場合は車校に通うか、免許合宿で取る2パターンがあります。

車校に通う場合は数ヶ月かかりますし、お金もかかってきます。

免許合宿の場合は2週間程度で取れるのとお金の方も通うよりは安くなります。しかし、事故率は免許合宿の方が高いと言われているのでどちらにせよ安全運転は心がけましょうね。

関連記事>>免許合宿はきつい?大学生のうちに免許を取得する場合は合宿で!

興味があるなら副業を始めてみる

side-business

副業に興味を持っている大学生も多いんじゃないでしょうか。

もし、興味を持ってるなら全然始めてみてもいいと思います。

大学生の間は時間がたくさんありますし、大学生のうちから自らが主体となってお金を稼ぐという経験をしてみるのも良いと思います。

投資やアフェリエイトなどを通して、どうすればお金が稼げるのか人が集まるのかを工夫してみてはどうでしょうか。その経験は必ずどこかで役に立つと思いますよ。

僕みたいに2年生の終わりからだと時間が足りないと感じることもあります。

大学1年生であればまだたくさんの時間があるので、副業とはいえ色々なものにチャレンジできますし、試行錯誤する時間もあります。

思い立った今この瞬間から始めてみてはどうでしょうか。

関連記事>>【おすすめ8選】大学生に副業はできる?自分に合ったものの選び方

まとめ

やっておくべきこと

  1. サークルで人脈作り
  2. アルバイト
  3. 取る資格を決める・勉強する
  4. 就きたい職種を考える
  5. 免許を取っておく
  6. 副業にチャレンジする

このように1年生の間にやるべきことはたくさんあります。そして、大学生は色々な経験をして社会に通用する人材になっていきます。

人脈やアルバイト、副業もそうですがどんどん新しい自分を見つけたり、他人の価値観にふれたりして色々なことを経験していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました