大学生にクレジットカードは必要?大学生はみんな持ってるの?

credit-card大学生活
スポンサーリンク

大学生になってクレジットカードが欲しいと思ったり、現金だと何かと不便でクレジットカードがいいなと思ったりする人はたくさんいるんじゃないでしょうか。今回はそんなクレジットカードに注目して大学生には必要なのか、大学生がクレジットカードを持つことに対しての肯定意見や反対意見を見ていきましょう。

こんな人に読んでほしい!

  1. クレジットカードに興味がある大学生
  2. 大学生のクレジットカードの保有率が気になる人
  3. クレジットカードを持つか悩んでいる大学生

大学生のクレジットカードの保有率

そもそも、大学生はどれくらいの人がクレジットカードを保有しているのでしょうか。日本クレジット協会によると以下の結果になっています。

大学生のクレジットカード保有率は53.6%

日本クレジット協会

約54%と保有率は半数を超えています。キャッシュレスが進んでいるのが影響しているのか結構な人が持ってますね。しかし、現在はPayPayやQUICPayなどの電子マネー決済も増えているのでクレジットカード以外でもキャッシュレス決済ができるのでこれからもこのくらいの保有率が続くんじゃないでしょうか。

クレジットカード肯定派の声

では、大学生がクレジットカードを持つのに肯定している人の声を見ていきましょう。

みんな持っているから

大学生A
大学生A

みんな持ってるし僕も欲しい!

みんな持っているから「自分も」という人はたくさんいそうですね。2人に1人が持っているならこの理由も頷けますね。なんとなくクレジットカードって憧れみたいなものもありますよね。僕もそうでした。

知識があれば大丈夫

大学生A
大学生A

基本的なことはわきまえてるし大丈夫だよね!

リボ払いをしないことや、暗証番号を覗き見させないようにするなど基本的なことが分かっているから大丈夫と言う人もいます。確かに何も知らずにただ便利だから持っていると言う人よりは大丈夫そうではありますね。しかし、大学生はまだまだ社会を知らない歳でもあるので気をつけるべきところは徹底して気をつける必要があります。

ネットでの決済が楽

大学生A
大学生A

いちいちコンビニで支払うのはめんどくさい!

僕がクレジットカードを持った理由もこの便利さでした。AmazonやZOZOTOWNで何か買う時にわざわざコンビニ払いにしたり手数料がかかる着払いだと不便ですしもったいないですよね。だから、クレジットカードを欲しいと思いました。クレジットカードがあればNetflixやAmazon primeのサブスクリプションも簡単に登録できますし、通販で物を買うときも手数料も取られることなく便利に買い物をすることができます。大学生になると高校生の時とは違い買い物をする機会が増えると思うのでクレジットカードは欲しくなりますよね。

クレジットカード否定派の声

次に、大学生がクレジットカードを持つことに対して反対の声を持っている人の意見を見ていきましょう。

使いすぎてしまう

大学生B
大学生B

現金じゃないと使いすぎちゃうから。

使いすぎを懸念する声は多いんじゃないでしょうか。実際に僕もクレジットカードを持ってからネットでの買い物は増えましたし、サブスクなんかも登録したので使いすぎてしまうのは本当だと思います。僕の周りもクレジットカードの引き落としに嘆いている人はたくさんいるので、お金を使いすぎたくない人はクレジットカードを持つのは控えた方がいいと思います。大学生はどうしてもお金の限界があるので不安であれば現金派になるのも手ですね。

不正利用などの危険

大学生B
大学生B

セキュリティがどうしても不安で・・・

クレジットカードの不正利用の被害は絶えません。なので、クレジットカードを持っていると何かしらの被害に遭いやすいのは事実です。クレジットカード会社も不正利用の保証をしてくれたり、セキュリティ面を強化したりと対策はもちろんしてくれてはいますが、クレジットカードが危険と隣合わせという考えを否定できるわけではありません。

親がダメって言うから

大学生B
大学生B

欲しいけど親にだめって言われるから・・・

親が危ないからダメと言われる人は多いんじゃないでしょうか。実際に僕も最初は危ないと言われていましたし、友達にも親にダメと言われるという人はいます。なので、いかに親を信用させるかとクレジットカードの安全性をアピールできかが大切ですね。

大学生にクレジットカードは必要か

僕は大学生にクレジットカードは必要ないと思います。もちろん、ないにこしたことはありませんがクレジットカードがないと困るということは大学生の間は少ないと思います。また、キャッシュレス決済はクレジットカードでなくても電子マネー決済がありますし、コンビニに行けば大体のことは解決します。

しかし、必要ないとは思いますがクレジットカードを作るとかなり便利になるのも事実です。使いすぎてしまったり、不正利用の被害に遭ったりするというデメリットもありますが、使い過ぎは自分でコントロールできますし不正利用に対してもクレジットカード会社がしっかりと対応してくれるのでデメリットというデメリットではありません。ネットでの買い物が便利になったり、クレジットカードがないと登録できないようなものも登録できるようになるので、作れるのであれば作ったほうがいいかなとは思います。

必要ではない!でも確実に買い物が楽になる!

クレジットカードがダメならデビットカード

もしクレジットカードは親がだめと言うからや、借金という概念が怖いという人はデビットカードをおすすめします。クレジットカードは1ヶ月間の利用額を次の月にまとめて支払うという「借金」をして支払っています。それが嫌だと感じる人もいると思います。

そこでおすすめしたいのがデビットカードです。知っている人も多いとは思いますが、デビットカードは即時引き落としです。即時引き落としとはデビットカードで決済をしたらその場で口座からお金が引き落とされることをいいます。なので、借金ではなく現金の代わりに口座で支払った感覚で買い物ができます。使いすぎにはどちらにせよ注意が必要ですが、クレジットカードよりも危険はかなり少ないと思います。

デビットカードは借金ではない!口座にお金がないと使えない!

クレジットカードを持つ上で注意すべきこと

先ほどから言っていますがクレジットカードには不正利用というような危険もありますが、自分で細心の注意を払うことで危険から一歩身を引けることもたくさんあるので注意すべきことは注意していきましょう。

リボ払いを利用しない

大学生A
大学生A

リボ払いにすると買い物し放題だよ!

大学生B
大学生B

リボ払いだけは絶対にしちゃだめだからね!

大学生に1番注意して欲しいのはリボ払いを使わないことです。リボ払いとは定額払いで借金を返していくことになります。リボ払いを利用すると10万円の買い物をしたとしても毎月決められた額(例5000円)を支払っていくだけでクレジットカードを利用することができます。

しかし、もちろんそんないい話だけではありません。借金というのはお金を貸す側にもリスクがあります。なので、金利をつけることになります。一括払いだと金利が発生することはありませんが、リボ払いや分割払いになると金利が発生することになります。しかもリボ払いの金利は15%と恐ろしいほど高く設定されています。10万円の買い物をしたら5000円を20ヶ月に分けて支払うのではなく、金利を合わせた11万5千円を毎月5000円で23ヶ月をかけて支払うことになります。

さらに落とし穴はそれだけではありません。例えば、50万円リボ払いを利用したら毎月5000円で良かったところが毎月1万円返さないといけなくなるというような限度額も決まっています。そうなってくるともうリボ払いからは抜け出せなくなります。毎月1万円支払っていてもそのうちの1500円は金利を返していることになります。

リボ払いで自己破産をする人なんかもいるので、クレジットカードを利用する場合は必ず「一括払い」でお願いします。

カードの使いすぎには注意

こればかりは自己管理をするしかありませんが、使いすぎには注意してください。僕は家計簿をつけて使いすぎを防ぐようにしています。今はアプリで簡単に家計簿をつけることができるので、ぜひ実践してみてください。

明細を小まめに確認する

明細を小まめに確認するのは2つの理由があります。まず1つ目は、先ほども言った使いすぎを防ぐためです。さすがに使いすぎかなと反省することは使いすぎを抑えることが期待できるので是非確認してください。

2つ目は不正利用の対策です。明細を確認しないと不正利用にはなかなか気付けません。なので、明細を確認して少しでもおかしいと思ったら原因を突き止めて必要であればクレジットカード会社に連絡するなどして対応するようにしましょう。

まとめ

今回は大学生にクレジットカードが必要かどうかについて話していきました。個人的には大学生にクレジットカードは必要ないと思いますが、便利になるのは間違いありません。クレジットカードがどうしても欲しいというなら全然作ってもいいと思いますが、注意すべきところはしっかりと注意して問題が起きないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました