大学生に貯金は必要?メリット・デメリットを解説

savings貯金
スポンサーリンク

大学生で「貯金はしといた方がいいのか」や「貯金を崩しても大丈夫なのかな」と疑問に思っている人は多いと思います。今回はそんな疑問に僕なりに答えていきます!

こんな人に読んでほしい!

  1. 貯金をしたい大学生
  2. 貯金0の大学生
  3. 貯金について考えたことがない大学生

大学生に貯金は必要なのか

大学生A
大学生A

みんなしてるし、もう大学生だし貯金でも始めようかな!

大学生B
大学生B

大学生のうちは何かやりたいことがなければ無理に貯金する必要はないと思うよ!

大学生に貯金は必要なのでしょうか。僕はどうしてもやりたいことがある場合を除いて大学生に貯金は必要ないと思います。

理由としては、大学生ができる貯金はたかがしれているからです。大学生が1年間で貯金する額は平均して18万円です。

関連記事>>大学生の平均貯金額はどれくらい?お金を貯めるコツを大公開

大学生にとったら18万円は大きな額ですが、社会人になったらどうでしょうか。社会人の20代の平均貯金学は100万円、30代になれば400万円の貯金ができるようになっています。

なので僕は、大学生の時に頑張って18万円の貯金をするなら、自分のためになる留学や一人旅など自分を成長させるためにお金を使うべきだと思います。

また、大学生は人生の中でも特に時間がある期間だと思います。そんな時にお金を使うのを我慢して貯金にあてるのは何か勿体ないですよね。

もちろん、やりたいことがあれば大学生でも貯金はするべきですし無駄遣いをするくらいなら貯金をしたほうがいいとは思います。

大学生が貯金をするメリット

やりたいことがあるなら大丈夫でも貯金をするべきと言いましたが、趣味でお金をかけなかったりやりたいことが特になかったりする人が貯金をするメリットはあるのでしょうか。大学生が貯金をするメリットについて考えていきましょう。

心の余裕ができる

margin

お金があれば心の余裕ができるのは当然のことですよね。変に見栄を張って高級車に乗っている人よりも本当にお金があって高級車に乗っている人の方が余裕を持った運転をしてますよね。(偏見)

社会人になるときに貯金がないのと、あるのでは全然違います。特に1年目は大学生と同じくらいの貯金しかできないと思うので、大学生のうちからある程度の貯金はあった方がいいかもしれませんね。

また、貯金があると遊びに使えるお金も増えるのでお金のことを気にせずに出かけることができます。せっかくの大学生なのでストレスなく遊びたいですね!

お金の不安が減る・ストレスの要素がなくなる

留学などしたいことができる

study-abroad

留学に行ったり、旅行に行ったりしたい人はたくさんいますよね。僕も1ヶ月間くらい一人旅をしてみたいものです。話はそれますが1ヶ月間一人旅計画ってめちゃくちゃ良くないですか?例えばの話でしたつもりでしたが、大学生の間にやりたいことリストに入れておきます笑

はい。すいません。どうでも良い話をしてしまいましたね。例えば、留学はいつでも行けると言えばその通りですが、やっぱり1番行きやすいのは大学生の間です。親がお金を出してくれるならいいのですが、そんな簡単にお金を出してくれない家庭もありますよね。むしろそれが普通なんですけどね!

そんな時は自分でお金を出すしかありません。奨学金を借りるのも良いですが、借金ですし金利が付きますしどうせなら貯金して自分のお金で行くことをお勧めします。

本気で貯金をするための目標ができたら貯金って簡単にできるんですよ。やりたいことのために貯金をするのは良いことだと思います。

関連記事>>大学生が半年間で40万円の貯金に成功した話

大学生はやりたいことのためにお金を使う

無駄遣いが減る

waste

貯金をする意識があれば無駄遣いは自然と減っていきます。例えば、ほとんど利用しないサブスクを退会したり、ほとんど着ないような服を買ったりなどの無駄遣いが減っていきます。

家計簿をつけることでより、抑えられる出費がはっきりするので貯金をしたくて家計簿をつけていないのなら家計簿をつけることをおすすめします。

関連記事>>【節約術6選】大学生が使えるお金は限られている

貯金=無駄遣いを減らす

大学生が貯金をするデメリット

次は大学生が貯金をしていく中でのデメリットを見ていきましょう。デメリットですがしっかりと貯金は貯金、出すところは出すところと分けられて考えられる人なら問題はないと思います。

やりたいことを我慢してしまう

patience

大学生が貯金をする中で起きるデメリットはやりたいことを我慢してしまうことです。せっかくの1番成長できる大学生という時間を貯金のためだけに無駄にしてしまうのはとても勿体ないことです。

もちろん、やりたいことの優先順位をつけて1番やりたいことのために他のやりたいことを我慢するのは問題ないです。しかし、漠然とした貯金をするためだけにやりたいことを我慢するのだけはやめておきましょう。貯金は大学を卒業してからでもできますが、大学生じゃないとできないことはたくさんありますよ!

やりたいことを我慢してまで貯金は×

お金の価値観が変わってしまう

values

お金をたくさん貯金することは悪いことではありません。しかし、それが当たり前になって貯金をするのは当然だと思うようにはしないでください。

貯金を一切せずにどんどんお金を使う破天荒な人もいますし、貯金をしたくてもできない人もいます。貯金をするのはあくまで一つの考え方です。それが当然かのように思うのはやめた方がいいですね。

貯金をする・しないは人それぞれ

お金を使うのを渋るようになる

stingy

貯金をしたいがために「ケチ」になるのはだめですよ。無駄遣いをしないのとケチでは違います。倹約家の人は必要な出費はしっかりとお金を使います。ケチになってしまうと必要な出費さえもお金を出すのを渋るようになってしまいます。

友達にご飯を乞食したり、年齢を偽って入場料を支払ったりするようなことはしないでくださいね。大学生はケチになるのではなく、自分らしい自分を発見する時間です。

倹約家とケチは違う

まとめ

貯金のメリット

  1. 心の余裕ができる
  2. やりたいことができる
  3. 無駄遣いが減る
貯金のデメリット
  1. やりたいことを我慢してしまう
  2. お金の価値観が変わってしまう
  3. ケチになってしまう

僕は大学生は貯金をするより、どんどんやりたいことをやっていってそこでお金の支払いが発生するのであれば貯金を崩してでもやりたいことをするべきだと思っています。

もちろん、やりたいことがあったり欲しいものがあったりする場合はどんどん貯金をしていくべきだと思います!

やりたいこと>貯金>無駄遣い

の優先順位でお金をやりくりするのがいいかなと僕は思います。

関連記事>>大学生で「貯金がない」という方へ!貯めることはいつでもできます!

タイトルとURLをコピーしました