就活が辛い、逃げ出したいと言う方へ。

spicy就活
スポンサーリンク

就活で辛い思いをしている人、逃げ出したいと思っている人たくさんいますよね。

今回はそんなみなさんの気持ちが少しでも軽くなればなと思い記事を書くことにしました。

人それぞれの意見なので、僕の考えが全てではありません。一つの意見として見るようにしてくださいね!

僕自信、現在とても辛いです

就活辛いですよね。僕も今めっちゃ辛いです。

ESを考えたり、筆記試験の対策をしたり、面接対策やインターン参加など数えればいくらでも出てきますね。

本当に辛いですよね。いつ終わるかも内定が出るかも分からない不安が常にあります。

それでも、頑張らないといけないっていうのが本当に逃げれなくて辛いですよね。

僕も同じです。

今すぐにでも就活をやめて遊びまくりたいですし、家でずっとYouTube見てたいです。

でも頭の中には常に「就活」です。

もう逃げ出したいです。でも、将来の自分のために今の自分が頑張らなくてはいけません。

辛いのは皆同じです。もちろん中には就活をせずとも内定先が決まっている人もいます。しかし、その人たちは今まで違うところで努力してきたからこその結果です。

僕たちは今頑張らなくてはいけません。半年間の長い戦いですが一緒に頑張りましょう。

嫌な時は一時的にでも逃げてもいいと思います。上手く自分の気持ちと付き合いながらやっていきましょう。

就活の辛さを和らげる方法

僕なりの就活で行き詰まった時、本当に辛くなった時の乗り切り方を紹介します。

もちろん、人それぞれなので、僕の意見が全てではありません。受験の時の自分なりのリフレッシュ方法を再度試すのも良いと思いますし、周りの人達や先輩に聞くのも良いと思います。

思い切って就活に一切触れない日を作る

僕はどうしてもしんどくなったら就活に一切触れない日を作ります。「焦ってるから辛いのにそんなことしてる場合か!」と思う人もいるかもしれません。

しかし、気分が落ち込んでいる時に就活に関する対策をして身が入るかと言われたら入らないですよね。

持久走でもう限界の時にハイペースで走れと言われるのと同じことです。もちろん、そこで踏ん張ってより強い力を発揮する人もいます。

しかし、多くの人はどんどん凹んでいってしまいますよね。そんな時は無理して走らずにゆっくり歩いたり、なんなら立ち止まって休憩するのもいいですね。

1日休めば気分が晴れて見え方も変わるかもしれませんし、頭も以前よりスッキリしてフル回転させることができるかもしれませんよ!

就活後の自分を想像する

僕がよくするのは就活が終わってから高級料理屋に行くことを想像しています。

就活が無事終わったら絶対に自分にご褒美をあげるんだと決めてなんとか持ち堪えてやってます笑

これが意外と効果的面で、モチベが一気に回復します。

人それぞれ旅行だったり、スポーツだったりとやりたいことはあると思います。就活が終わった後にそれらを堪能している自分を思い浮かべて励んでみてはどうでしょうか。

きっと1歩前へ踏み出すことができますよ。

就活が人生そのものを決めるわけではない

就活は自分の人生の全てを決めるものではありません。

もちろん、人生に大きく関わってくるものではあるのであまり無責任なことは言えませんが全てが決まるものではないのは確かです。

本当にどうしても無理ならアルバイトをしながらフリーランスに挑戦してみるのもいいかもしれません。それがいずれどこかで役に立つ可能性もあります。

僕が言いたいのは、辛かったら就活をしなくてもいいのでは?ということではなく、「人生そのものを決めるわけじゃないからそこまで追い込まれながら就活する必要ないよね」ということです。

もっと軽い気持ちで望んでいいと思いますよ。そう思うと少しだけでも気持ちが軽くなりませんか?

就活に意気込みすぎる必要はありません。

関連記事>>大学生の新卒扱いが3年間引き延ばされる?要請の概要について解説

まとめ

どうでしょうか。少しでも気が楽になりましたか?

就活は戦争とか、人生の全てを決めるものだなんて言う人もいるでしょう。

しかし、そんなことはありません。就活は周りの人に協力してもらって初めてスタートラインに立てますし、全てを決めるわけではありません。

就活が上手くいかなくても、フリーランスや起業を経て最終的に順風満帆な人生を送っている人もいます。

就活以外にも言えることですが、結果がどうあれ自分の努力、気持ち次第でどうにでもなります。

そんな「就活就活…」と深く考えないで気持ちを楽にして挑んでみてください。体調や気持ちの管理も就活における大切なポイントですよ!

無理に頑張り続けるよりも、気持ちのリフレッシュをする方が結果的にはプラスになることもたくさんあります。

自分を追い込みすぎないようにお互い頑張りましょうね!

関連記事>>就活日記①|現役大学生が就活について本気で考えてみる

タイトルとURLをコピーしました