履修登録で悩んでいる人へ|現役大学生がアドバイスします

course-registration大学生活
スポンサーリンク

大学生になったはいいけど履修登録で悩んでいる大学生は少なくないじゃないでしょうか。

そんな悩みを解決するために今回は履修登録について現役大学生である僕が答えていきます!

こんな人に読んでほしい!

  1. 履修登録で悩んでいる大学生
  2. 履修登録のコツを知りたい大学生

履修登録は穴埋めゲーム

履修登録は自分でほとんどの授業を埋めないといけません。必修科目は強制で入れることになっても、基本的には自分で取りたい授業を決めて埋めていかなければいけません。

めんどくさかったり、何を取ったらいいか分からなかったりすると思いますが基本は「穴埋めゲーム」だと思ってください。

基本的には取りたい授業を取るだけです。取りたい授業が被っていたら優先する方を決めるだけですし、あと1個が埋まらない状況であれば都合が良い時間に入れればOKです。

最初のうちは必修科目以外は何を取っても大丈夫だと思っていてください。

2.3年生くらいになると卒業するためにはあと何を取らなければいいか考え始めますが1年生のうちはそこまで気にする必要はありません。

履修登録のやり方・コツ

大学生A
大学生A

履修登録をどうやって進めていけばいいか全然分からない…

大学生B
大学生B

履修登録をする上で頭に入れておきたいポイントを解説していくよ。

僕が3年間履修登録をしてきて学んだ履修登録のやり方、コツを紹介していきます。1番は同じ大学の先輩に聞くことなんですけどね!

必修科目は必ず入れる

これはやり方でもコツでもありませんが、必修科目は必ず入れましょう。

自分で登録しなくても最初から登録されているような大学もありますが、もし自分で登録する必要がある場合は必ず登録しましょう。

また、必修でなくてもその単位を取らないと他の講義が取れないなんてこともあるので必要そうなものは取るようにしておきましょう。

必修科目からは逃げられない

2年生まではフル単を目指す

2年生までは単位を取れるだけ取っておきましょう。学期ごとに22単位や24単位と取れる限界は大学によって違うと思いますが、入れれるだけ入れておきましょう。

理由としては、3年生になると研究が忙しくなったり、就職活動が始まってスケジュールを合わせづらくなったりするので早いうちに単位は取得しておきましょう。

理想としては4年生になったらあとはゼミに行って卒論を書くくらいが良いです。

4年生にもなってまだ必修科目が取れていないや40単位も残っているような状態だけは避けましょう。

3年生からは研究や就活が始まる

全休をつくる

もし作れるのであれば、全休を作っておきましょう。全休とは1つも講義がなくて土日が増えたような日です。

1年生のうちから全休を作るのは難しいと思いますが作れるのなら狙っておくのが良いです。

全休の作り方としては、必修科目がない曜日に他の科目もいれないようにすれば自然と大学へ行かなくてもいい日ができます。

全休があると、バイトをする日が増えたり平日の空いてる日に遊びに行けるなどたくさんメリットがあります。ぜひつくってください。

全休があれば平日に旅行に行ける

バイトの時間と相談

バイトの時間に合わせるというよりは、バイトの時間を時間割に合わせるのが正解です。

しかし、1年生の後期からは多くの人はバイトをしていると思います。

そんな時は必修科目を優先して履修を組んでいき、あと1つ何を取ろうという時に、バイトの時間に合わせて取るのが良いです。

バイトが5時からだから4限まで講義を受けようなど人それぞれですが、バイトも大学生にとっては必要なものなのでバイトのことも頭に入れて履修を組んでいきたいですね。

大学生のバイトの選び方で悩んでいる方はこちらの記事を参考にしてください。

関連記事>>【選び方】大学生のバイト選び!自分の特徴に合ったバイト探し

大学終わりにバイトをする

楽な講義を探す

時間割を自分の都合に合わせて取るのも大切ですが、単位取得が難しい講義ばかりを選んでいては講義外の時間も多く勉強に充てないといけなくなってしまいます。なのでそのようなことを阻止するためにもできるだけ単位が簡単に取れる講義を探すのも大学1年生からやっておくべきことです。

「〇〇大学 楽単」と調べると自分が所属している大学の楽な講義や難しい講義の情報が調べられるのでぜひ活用してみてください。

「○○大学 楽単」で検索~♪検索♪

空きコマを作りすぎない

空きコマをつくりすぎないのも大学生にとって大切です。空きコマとは講義と講義の間の時間のことを指します。1.3限の講義を取っていれば、2限は空きコマになります。

空きコマはレポートを書いたり友達と話したりする大切な時間ではありますが、多すぎてもやることがなくなってしんどい思いをすることになってしまいます。

なので、空きコマは週に1.2個くらいにするようにしましょう。

空きコマをわざと2つ連続で作ってその時間でバイトをするような人もいますし、筋トレや運動など自分がやりたいことをする人もいるので空きコマの時間の使い方は人それぞれですね。

週に1つまで(多くても2つ)

まとめ

履修登録のコツ

  1. 必修科目は必ず入れる
  2. 2年生まではフル単を目指す
  3. 全休を作る
  4. バイトの時間と相談
  5. 楽な講義を探す
  6. 空きコマを作りすぎない

今回は大学生が最初に悩むであろう、履修登録のポイントを紹介していきました。

僕が1番履修登録の際に気にしているのは全休を作れるかどうかですが、人によっては毎日大学に行っても嫌じゃない人もいるので大切だと思うポイントは人それぞれだと思います。

自分が大切だと思うポイントを中心にして履修登録をしていくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました